Skip to content

遺言書の作成なら弁護士が最適

遺言書作成のための相続相談であれば弁護士が最適です。税理士さんと同様に弁護士さんも街中で活躍し、事務所などを所有するところも多く利用できる人は少なくありません。実際にホームページなどでも相続相談を受け付けてくれるところがあり、相続に関してお話をお伺いすることができます。

遺言書遺言書は正しく作成すれば法的拘束力を持ちますが、不適切な場合、そこに記載された要求を相続する時に反映させることが難しくなります。弁護士さんは法律に詳しく法的拘束力を遺言書に与えられる作成方法を知っているので、遺言書を作成する際に弁護士を利用すればアドバイスを受けることができます。

また、弁護士さんは相続放棄などにも対応することができます。例えば負の遺産が多いご家庭では法定相続人の中には相続したくないと考える人も少なくないでしょう。弁護士に相続相談をすれば相続放棄の仕方などを教えてくれるので、相続放棄をする際には弁護士に相談をするのが最適です。その他にも弁護士は遺産分割協議書の作成も行うことができます。遺産分割協議書の作成に関して疑問がある人も弁護士さんを利用すれば作成方法を教えてくれたり、代わりに作成してもらうことができます。