Skip to content

遺言書の作成なら弁護士が最適

遺言書作成のための相続相談であれば弁護士が最適です。税理士さんと同様に弁護士さんも街中で活躍し、事務所などを所有するところも多く利用できる人は少なくありません。実際にホームページなどでも相続相談を受け付けてくれるところがあり、相続に関してお話をお伺いすることができます。

遺言書遺言書は正しく作成すれば法的拘束力を持ちますが、不適切な場合、そこに記載された要求を相続する時に反映させることが難しくなります。弁護士さんは法律に詳しく法的拘束力を遺言書に与えられる作成方法を知っているので、遺言書を作成する際に弁護士を利用すればアドバイスを受けることができます。

また、弁護士さんは相続放棄などにも対応することができます。例えば負の遺産が多いご家庭では法定相続人の中には相続したくないと考える人も少なくないでしょう。弁護士に相続相談をすれば相続放棄の仕方などを教えてくれるので、相続放棄をする際には弁護士に相談をするのが最適です。その他にも弁護士は遺産分割協議書の作成も行うことができます。遺産分割協議書の作成に関して疑問がある人も弁護士さんを利用すれば作成方法を教えてくれたり、代わりに作成してもらうことができます。

相続税対策なら税理士が最適

相続税対策に適している専門家は税理士になります。税理士は私達の身近なところに存在する専門家です。街中で事務所を構えている税理士さんは多く、地域に関係なく利用できる人は多いです。税理士さんは基本的に税金に関して知識が豊富にある専門家です。例えば確定申告をする時も税理士を利用して申告している個人事業主も少なくありません。また、会社も税金に関してアドバイスを受ける時に税理士を利用します。

税理士税理士さんは会社や個人事業主でも利用できますが、相続相談も受け付けてくれるところもあります。相続に関する問題を抱えている人が税理士さんを利用する際には相続税対策や相続税申告の相談をする方が比較的多いです。相続税対策を被相続人が生きている間に行えば相続税の支払い負担を少なくできるので、支払いの額を減らすことができます。また、相続税申告の相続相談をすれば適切な額で相続税を支払うことができます。これによって相続税を払いすぎてしまうリスクや、税務調査を受ける危険性を減らすことができます。

税理士を利用すれば相続税対策や相続税の申告の手続きだけでなく、遺産の価値の算出や法定相続人の調査などもしてくれるので、相続に関する多くのことにアドバイスしてくれる専門家の1人です

相続相談に最適な相手を見つけよう

相続対策の相談に最適な相手を見つけたいと思われる人もいるのではないでしょうか。まず専門家に相続相談をすることでどのようなメリットを得られるのでしょうか。

メリットの一つには分からないことを知ることができる点です。実際に相続相談をする人の中にはどのような手続きで相続すればいいのか知らない人もいます。もし分からないと適切な手続きを行うことができないため、手続きをする時に書類の不備などが発生する可能性があります。専門家に相続相談をすればわかりやすく説明をしてくれるので、手続きの仕方などを理解した上で遺産を相続することができます

専門家代行で相続に必要なことを行ってもらえる点もメリットです。実際に遺産を相続する必要がある人の中には時間の余裕が少ない人も多いです。確かに被相続人がお亡くなりになった時は会社を休んで葬儀などに出席することはできますが、長期間休むことは難しいのでお仕事をしながら相続の手続きの準備も進めなければなりません。時間に余裕がない人も相続をしなければなりませんが、プロの専門家に依頼をすることで代わりに手続きや書類の準備をしてくれるので、時間に余裕がない人でも適切に相続ができます。

このようにメリットがありますが、相続相談ができる相手は複数人います。例えば税理士や弁護士、行政書士や司法書士を挙げることができます。相談内容によって適切な専門家は異なるでしょう。そこで今回は相続相談の内容によって適している専門家を紹介します。